【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

Intelligent Image-Activated Cell Sorterを開発内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「セレンディピティの計画的創出」研究グループ

 内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「セレンディピティの計画的創出」研究グループは,細胞の高速イメージングと深層学習を用いた画像解析で,細胞を一つ一つ網羅的に高速識別し,その解析結果に応じて所望の細胞を分取する基盤技術「Intelligent Image-Activated Cell Sorter」の開発に成功したと発表した。
 本技術を用いることにより,微生物や血液細胞をその形状や内部構造を指標として分取する原理実証を行い,本技術の有用性や汎用性が確認された。この快挙は,超高速蛍光イメージング技術,10ギガビットイーサーネットによる高速データ処理システム,マイクロ流体技術を活用した高速分取技術や細胞制御技術など,複数分野にまたがる異分野融合での大規模な共同研究によって達成された。
 さらに,本技術は,免疫学,病理学,微生物学,分子生物学,遺伝学,再生医学,移植など多岐にわたる分野で基盤技術として不可欠である高速細胞分取技術「Fluorescence-Activated Cell Sorter」( 開発者のHerzeberg氏は本貢献により2006年に京都賞を受賞)に顕微イメージング活性化(Image-Activated)と深層学習(Intelligent)を融合する飛躍的な発展であることがわかった。
 本技術の原理実証として,微生物や血液を用いて細胞の内部分子構造や形態などのさまざまな空間的情報に基づいた高速細胞分取を実現したことから,今後は生命科学(分子生物学,微生物学,医学,薬学など)における科学的発見およびバイオ産業や医療の発展への寄与が期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る