【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

励起子生成効率100%以上を実現するOLEDの原理実証に成功九州大学 研究グループ

 九州大学の研究グループは,励起子生成効率100%以上を示す有機EL素子(OLED:Organic Light Emitting Diode)の開発に成功したと発表した。
 1つの一重項励起子から2つの三重項励起子を生成する「一重項励起子開裂(singlet fission)」という遷移過程に着目し,一重項励起子開裂を示す有機分子をOLED のホスト材料,近赤外発光を示す有機金属錯体を発光色素とすることで,一重項励起子開裂過程を経て生成された三重項励起子を,発光ドーパントからのエレクトロルミネッセンス(EL)として利用可能であることを実証したものである。これにより,従来,100%が理論限界とされてきた励起子生成効率をさらに高めることが可能となる。今後,OLEDの高輝度・高強度化が実現でき,センサー用の光源や通信用光源などにおける新しいアプリケーション用途の開拓が期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る