【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

時速500 kmでも接続が切れないネットワークの実現に目途情報通信研究機構(NICT)ネットワークシステム研究所 研究グループ

 情報通信研究機構(NICT)ネットワークシステム研究所の研究グループは,高速鉄道移動中でもストレスのない通信を可能とする研究開発において,現在の携帯電話回線の約20倍以上となる毎秒20ギガビットの無線信号の送信に成功したと発表した。これは,線路に沿って無線局を設置するリニアセル方式と無線信号を光ファイバーへ重畳するファイバー無線技術を駆使し,高速移動中に通信を途切れさせないよう無線局を適時切り替える方式を開発したものである。
 スマートフォンの爆発的普及により,高速鉄道等での移動中にもストレスなく通信できることが望まれているが,高速移動中では,接続している無線局が頻繁に切り替わるときに,しばしば接続が途切れる。そのため,NICTは,共同で総務省・電波資源拡大のための研究開発を受託し,高速鉄道においても信号の途切れないネットワーク技術の研究開発を進めてきた。また,これまでNICTは,光ファイバー通信と大容量無線伝送が可能なミリ波帯の電波の特長を組み合わせたネットワークの研究開発を進めてきた。
 今回の実験成功により,仮に1000 m間隔にミリ波無線局が配置され,時速500 km(無線局間をおよそ7秒で通過)で走行しても,無線局を切り替えながら毎秒20ギガビットの信号が送信可能になる。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る