【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

千葉県北部地域の地下の地質構造を3次元で可視化産業技術総合研究所(産総研) 研究グループ

 産業技術総合研究所(産総研)の研究グループは,首都圏のモデル地域となる,千葉県北部地域(柏~成田~船橋~千葉近辺)の3次元地質地盤図を完成させたと発表した。この3次元地質地盤図は,産総研のウェブサイト(「都市域の地質地盤図」https://gbank.gsj.jp/urbangeol/)で公開し,誰でも自由に無償で閲覧できる。
 産総研はこれまで,最新の地質研究成果に基づき,日本全国の地質図を地域ごとに作成し,広く一般に提供してきた。しかし,従来の地質図は,地質構造を2次元の平面図や断面図で図示していたため,地表の地質分布は分かるものの,地下の地質構造は分かりにくかった。一方,東日本大震災では,千葉県をはじめとする沿岸域で発生した地盤の液状化が大きな社会問題となるなど,地下の地質構造の情報整備が喫緊の課題となった。また,地下水や地層などの汚染(地質汚染)の対策のために,汚染物質を拡散させる地下水の流れが分かるように,地下の地質構造を詳しく把握することが求められていた。
 そこで,産総研は千葉県環境研究センターの協力を得て,千葉県北部地域の地下地質構造の調査を開始した。今回,産総研のボーリング調査に基づく最新の地質研究成果,および千葉県が保有する1万地点以上の土木・建設工事のボーリング調査データに基づいて,地下数10 mまでの地質構造を立体図や任意の箇所の地質断面図として表示できる3次元地質地盤図を国内で公開する。人口が密集する首都圏において,生活や産業の基盤となる地震防災・減災やインフラ整備,地質汚染対策に3次元地質地盤図が利活用されると期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る