【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

光子・粒子・電磁波用超伝導検出器用の信号読出回路を開発産業技術総合研究所,東京大学 研究グループ

 産業技術総合研究所,東京大学の研究グループは,超伝導検出器に関し,1本の読出線上に従来の5倍となる1000画素以上の信号を載せることができる技術を開発したと発表した。
 超伝導検出器は,単一光子・粒子のエネルギーや微弱電磁波強度の精密計測が可能であり,宇宙から到来する微弱電磁波の長時間・精密観測などに利用されているが,計測時間短縮に必要な多画素化が遅れている。その主因は,極低温の多画素検出器と室温処理装置をつなぐ読出線に載せられる画素数が限られるからである。多画素化のために読出線の数を増やすと,読出線経由の流入熱が増えて冷却装置の強化が必要となり,計測器全体の体積・消費電力・価格の上昇につながる。今回開発した技術は,複数の室温信号処理装置を並列動作させ,室温処理装置ごとに全画素の情報を異なる周波数帯に変換し,まとめて1本の読出線上に載せるものである。載せられる画素数が飛躍的に増大し,超伝導検出器を用いる分析電子顕微鏡,放射線分光器,光子顕微鏡などの計測時間短縮や,小型化・低消費電力化・低廉化が期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る