【重要】O plus E 隔月刊化と価格改定のお知らせ

空間を飛び回るミリメートルサイズのLED光源を実現東京大学,慶應義塾大学,科学技術振興機構 研究グループ

 東京大学,慶應義塾大学,科学技術振興機構の研究グループは,手で触れる空中ディスプレイ向けに3次元空間を飛び回るLED内蔵のミリメートルサイズの発光体を作製することに成功したと発表した。
 空中に3次元映像を投影する空中ディスプレイは,ディスプレイの究極の姿として近年さまざまな方式の研究開発が進められている。これまでは鏡を利用した光学方式が主流で,3次元映像を手で触れない点が,視聴者がリアルな体験をする上での課題だった。
 同グループは,3次元空間中を自由に移動でき,自ら発光し,そして手で触れるという3つの要件を備えたミリメートルサイズの極小発光素子を開発し,蛍のように光ることからゲンジボタルの学名より「Luciola(ルシオラ)」と名付けた。
 ルシオラを実現するためには,物体の空中浮遊・移動技術と,浮遊したLEDへのエネルギー供給技術の2つが必要になる。今回,物体の空中浮遊・移動技術として超音波集束ビームを用い,エネルギー供給技術として無線給電を用いた。
 人間の耳には聞こえない40 kHzの超音波スピーカーを17個×17個の2次元格子状に並べた17センチメートル四方の超音波アレーを2台,20 cm距離を離して対向に設置し,各超音波スピーカーを駆動する電気信号の位相を制御することにより2台の超音波アレーの間の空間の1点に超音波ビームの焦点を集める。この超音波ビームの焦点に物体を差し入れると,物体が空中浮遊する。
さらに,超音波スピーカーの位相を制御して超音波ビームの焦点を動かすと,物体をミリメートル単位の高精度で空中を移動させることができる。
 超音波で浮遊させる物体は,小型かつ軽量である必要があるため,従来は直径数ミリメートル以下で,発泡スチロール球のようにごく軽く,電子回路を持たない物体 に制限されていた。浮遊物体を発光させるために電池を搭載すると,大きく,重たくなってしまうため,超音波で物体を浮遊させることができないという課題があった。
 今回,無線給電による電池の不要化とLED点灯に必要な電子回路の専用IC化の2点の工夫により小型・軽量化を実現し,直径4 mmの半球形状で,重さ16 mgの空中移動する発光体の作製に成功した。
 エネルギー供給は,発光体の近くに設置した直径31mmの給電用コイルから,発光体に内蔵されたフレキシブルプリント基板上に形成した受電用コイルに対して,12 .3メガヘルツの磁界共振結合型の無線給電により行った。無線給電では送受電コイルの位置関係で値が大きく変動する交流電圧を,LED点灯に必要な約3 Vの直流電圧へと整流・電圧調整する必要がある。これを市販の汎用ICを組み合わせて実現した場合,回路が大型化し,超音波で物体が浮遊しないという問題があったが,今回新規に開発した1 mm四方のICチップに全ての電源回路を集約することで,小型・軽量化に成功した。
 ルシオラの特長を生かし,手で触れる空中ディスプレイの実現に向けた発光画素のデモとして,空中移動と無線給電をオンオフするタイミングを合わせて制御するこ とにより,空中の位置に応じてLEDを点灯・消灯し,3次元空間内に文字や図形を表示したり,読者の視線の動きに合わせて本の上の空中を移動するマイクロ読書灯を 可能にした。
 今後は,空中ディスプレイの表現力をより高めるために,発光物体の個数を増やすことによる発光画素の多点化に取り組む予定だとしている。さらに,空中移動する 小型電子物体に対してセンサー,アクチュエーター,無線通信機能などを追加することにより,空中移動可能な小型のセンサーノードとしてIoT分野へ展開する応用が 期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る