【重要】O plus E 本誌価格改定のお知らせ

水中光無線通信による100 m超の20 Mbps 双方向通信に成功海洋研究開発機構,(株)島津製作所,エス・エー・エス(株) 研究グループ

 海洋研究開発機構,(株)島津製作所,エス・エー・エス(株)の研究グループは,水中光無線通信装置と海域基礎データ取得装置を搭載した無人探査機「かいこう」のランチャーとビークル間で通信試験を行い,通信距離120 mで20 Mbps速度のデータ伝送,また,通信距離100 mではLAN通信を水中無線ネットワーク(水中光Wi-Fi)で確立し,リモートデスクトップ接続をすることに成功したと発表した。
 従来,水中での無線通信には音響通信技術が用いられてきたが,通信速度が10 kbps程度と遅く,動画等の多量なデータの送受信やLAN通信を行うことができなかった。また,複数の通信を同時に行うことも難しく,データの送受信を同時に行うこと等に制限があった。
 同グループは,高速双方向無線通信が可能な光通信に着目し,水中光無線通信装置を試作した。この装置は水中での伝搬減衰が少ない青,緑,赤色の光を高出力レー ザーダイオードから放射し,その光を点滅させることによって情報を伝達する。また,受信には高感度の光電子増倍管を用いた。これらを用いて双方向通信試験を行っ た結果,100 m以上離れた通信光がわずかしか届かない距離でのLAN通信に成功し,移動体に搭載した状態で実用的な速度が出せることを確認した。
 今回の成果は,100 m以上離れた移動体同士で行われた実用的な水中光無線通信である。LAN通信が可能となったことから,将来的に可視光による水中光Wi-Fiの構築や,すべての海洋観測装置をインターネットへ接続する「IoT」が可能となることを示しており,今後の海底資源開発やダイビング,港湾土木作業を含めた水中活動全般に広く活用・貢献することが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

マシンビジョンライティング 実践編 第1刷

著者
増村 茂樹
価格
4,800円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る