【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

裸眼では2D映像がクリアに見える3D映像生成技術を開発NTTコミュニケーション科学基礎研究所 研究グループ

 NTTコミュニケーション科学基礎研究所の研究グループは,人間が奥行きを知覚する際に働く視覚メカニズムの科学的知見を応用して,2次元表示との完全互換性をもったステレオ画像生成技術を開発したと発表した。
 この技術によると,両眼のちょうど中間の視点から見た時の2D画像に対し,人間に奥行き情報を与える働きをする視差誘導パターンを加算/減算することで,左目用/右目用画像を生成する。左右画像同士を足し算すると視差誘導パターンが打ち消されて完全に元の画像に戻るため,3Dメガネをかけない視聴者はクリアな2D画像を見ることができる。一方,メガネをかけた視聴者には,視差誘導パターンの効果でその画像に奥行きがついているように見える。この方法で生成されるステレオ画像は,既存の3D提示装置を使って表示できる。左右の眼に表示する二枚の画像は,厳密にはそれぞれの眼から見た画像とは異なるが,再現できる視差の制限内であれば,従来法とほとんど区別できない3D画像として人間には知覚される。
 2次元表示との互換性をもった3D表示技術は過去にもいくつか例があるが,メガネをかけず見た場合に画像劣化がなく,一般的な3Dメガネ以外の特別な装置を用いずに提示することができる手法はなかった。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る