【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

最速で瞬くオーロラの撮影に成功国立極地研究所,東京大学,名古屋大学,京都大学 研究グループ

 国立極地研究所,東京大学,名古屋大学,京都大学の研究グループは,3年間にわたるオーロラの連続高速撮像により,これまで観測された中で最速のオーロラの明滅現象を発見し,発生メカニズムを明らかにしたと発表した。
 オーロラには,ブレイクアップと呼ばれるオーロラの爆発現象があり,カーテンの一部で明るさや動きが非常に激しく変化する「フリッカリング」という現象が見られることがある。これは,オーロラ現象の中でも明るさが最も速く変化するもので,酸素イオンのサイクロトロン振動数に相当する1/10秒前後の周期で明滅していることが報告されている。
 同グループは,さらに高速の明滅を検出するため,毎秒160フレームの撮影が可能な高速撮像カメラを使用して連続観測を実施したところ,酸素イオンによる1 /10秒周期の明滅と同時に,1 /50秒周期の明滅や,1/80秒周期という高速の明滅を発見した。これは,フリッカリングオーロラが酸素イオンだけではなく,水素イオンの影響を受けた電磁イオンサイクロトロン波によっても引き起こされている証拠と言える。この結果は,オーロラの発生要因である電子とプラズマ波動の相互作用についての理解に貢献することが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る