【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

Journal of the Optical Society of America誌100年の歴史で最も引用された論文を発表米国光学会(OSA)

 米国光学会(OSA)が創立100年を記念し,Journal of the Optical Society of America( JOSA)誌における論文引用数Top100の調査をThomson Reutersに委託した。
 JOSAは1917年創刊だが,1984年にJOSA AとJOSABの2つに雑誌が分離されているため,引用数Top100も3つのカテゴリーで発表されている。
 そのうち,JOSAで最も引用された文献は武田光夫氏,稲秀樹氏,小林誠司氏による論文“Fourier-transform method of fringe-pattern analysis for computer-based topography and interferometry”であることが分かった。
 この論文はフーリエ変換を使って縞解析に関するもので,本誌2017年5月号「干渉計を辿る」でも参考文献となっている。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る