【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

3Dプリンタで空間に分布する物理量を可視化する技術を開発東京大学と(株)クロスアビリティ 研究グループ

 東京大学と(株)クロスアビリティの研究グループは,空間に分布する物理量を,3Dプリンタで出力可能なドットデータに変換するプログラムを開発したと発表した。
 これを用いることにより,コンピュータで計算した分子を構成する原子間の結合を担う電子密度分布のデータを,ドットデータに変換し,それをインクジェット型 3Dプリンタに入力することで,透明な樹脂の中に電子雲を描写した分子模型の制作が可能となる。この分子模型により,分子中の電子状態の理解が深まり,電子が関 与する新機能分子の開発等に役立てられる。さらに,電子雲を含む分子模型を教育ツールとして利用することで,モニタ上だけで表示するのに比べ,物質の構造や機 能と電子密度の関連の理解を深めることが可能となる。
また,この技術は,分子以外に,雲,銀河,建物や車の周囲の気流などを描写することも可能であり,幅広い領域での応用が期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る