【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

生きた細胞内のグルタチオンを可視化し,定量する東京大学 研究グループ

 東京大学の研究グループは,グルタチオン(GSH)に対して可逆的に反応し,GSH濃度に応じて蛍光強度や蛍光波長が変化する新しい蛍光プローブの開発に成功し たと発表した。
 GSHは,主に活性酸素・酸化ストレスの除去や異物(薬剤など)の排出を担う,いわば「細胞が生き延びるための防御物質」として働く。がん細胞はGSH濃度を高く保っているといわれており,そのため放射線治療や抗がん剤に対して高い耐性をもち,治療効果が弱まってしまうことが示唆されている。したがって,生きた細胞内のGSH濃度やその増減を測るのに,従来法では,細胞を破砕しないと測れなかったところ,同グループは,GSHに対して可逆的に応答する蛍光色素を開発,生きた細胞内のGSHの濃度情報を得ることに成功し,さらにその時間変化の観察を可能とした。
 今後,がん研究や酸化ストレス分野における基幹的研究から,がん治療研究や創薬研究といった医薬研究に対して多大な貢献をもたらすと期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る