【重要】O plus E 本誌価格改定のお知らせ

光子と人工原子からなる安定な分子状態を発見情報通信研究機構,日本電信電話(株),カタール環境エネルギー研究所 研究グループ

 情報通信研究機構,日本電信電話(株),カタール環境エネルギー研究所の研究グループは,超伝導人工原子に光子がまとわり付いた,分子のような新しい最低エネルギー状態(基底状態)が存在するのを発見したと発表した。
 今回,微細加工技術を用いて作製された原子と同等の量子的性質を持つ超伝導人工原子と,超伝導回路に閉じ込めた光子が使われた。実際には,大きな零点ゆらぎ電流を持つLC共振回路と超伝導永久電流量子ビットが大きなジョセフソンインダクタンスを共有して非常に強く結合するよう回路を設計した。この回路について分光実験を行い,得られたスペクトルの解析から,回路中の人工原子の全エネルギーは,光自身が持つエネルギー,原子自身のエネル ギー,光と原子の相互作用のエネルギーの総和である。巨視的量子系の利点を生かして,光と原子の相互作用のエネルギーを,光自身のエネルギーや原子自身のエネルギーより大きくすること(「深強結合」実現)に成功した。
 さらに,「深強結合状態」では,光と原子の系に新たな対称性が生じ,量子遷移に選択則が観測されたり,基底状態を含む全状態で光と原子の量子もつれが実現されているなどの性質を示すことが観測された。
 これにより,原子(物質)と光の相互作用に新たな領域が存在することが明らかになった。従来に比べて桁違いに広いエネルギー範囲で物質と光の相互作用を操る術を提供できるため,量子相転移の物理の解明や,シュレディンガー猫状態のような非古典光状態を使う量子技術への応用の道を拓き,量子通信,量子シミュレーション・計算,次世代超高精度原子時計の開発など,量子技術分野の研究に役立つと期待されている。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

マシンビジョンライティング 実践編 第1刷

著者
増村 茂樹
価格
4,800円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る