【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

同一素子で高速光信号受信と光起電力発生が同時に行える高速受光素子を開発情報通信研究機構,早稲田大学,(株)日立国際電気 研究グループ

 情報通信研究機構,早稲田大学,(株)日立国際電気の研究グループは,高効率高速受光素子の開発に成功したと発表した。
 今回開発した高速受光素子(自己発電型高速受光素子)は化合物半導体技術を用いたもので,特殊なPN接合構造を配置することにより,外部電源を必要とせず,同素子から信号出力と併せて起電力を得られる。開発した素子を搭載したモジュールに光ファイバーを接続すると,電源なしで光信号から100GHzのミリ波信号(4mW)を発生させることができる。今後はミリ波帯レーダーを用いた滑走路上の異物検出システムや,高速鉄道などで利用可能な光ファイバーとミリ波帯無線を融合した高速通信システムへの応用が期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る