【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

最高レベルの発光効率と色純度を持つ有機ELディスプレー用青色発光材料を開発関西学院大学,JNC石油化学(株) 研究グループ

 JST戦略的創造研究推進事業において,関西学院大学,JNC石油化学(株)の研究グループは,最高レベルの発光効率(電気を光に変換する効率)と色純度を持つ有機ELディスプレー用青色発光材料(DABNA)の開発に成功したと発表した。
 有機ELディスプレー用の発光材料として,現在,蛍光材料,りん光材料,熱活性化遅延蛍光(TADF)材料の3種類が利用されている。しかし,蛍光材料は発光効率が低く,りん光材料とTADF材料は,発光効率は高いものの発光の色純度が低いという問題があった。色純度が低いと,ディスプレーに使用する際に,発光スペクトルから不必要な色を除去して色純度を向上させる必要があり,トータルでの効率が大きく低下してしまうため,色純度の高い発光材料の開発が望まれていた。
 今回,発光分子の適切な位置にホウ素と窒素を導入し,共鳴効果を重ね合わせることにより,最高レベルの色純度を持ちながら発光効率が最大で100%に達するTADF材料DABNAの開発に成功した。
 DABNAは,ホウ素,窒素,炭素,水素というありふれた元素のみからなり,市販の原材料から短工程で合成できることから,理想的な有機ELディスプレー用の発光材料として近い将来での実用化が期待される。また,ホウ素と窒素の多重共鳴効果を用いる分子デザインは,今後の有機EL材料開発の新たな設計指針になると期待 されている。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る