【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

単一生細胞の空間分解吸収スペクトルを一瞬で取得東京理科大学

東京理科大学の研究グループは,細胞を生きたままで,細胞内の組織や器官を区別して瞬時にイメージングする技術の開発に成功したと発表した。

昨年度のノーベル化学賞の対象となった超解像蛍光顕微鏡は,細胞イメージング技術が評価されたものであるが,細胞内の特定の組織や器官を観測したい場合,観測したいものだけを光らせる特別な蛍光標識を導入しなければならない侵襲性が生理機能に影響を与えかねないこと,観測領域全体のレーザー走査や多数の画像の取得が必要なために測定時間がかかるといった欠点があった。

今回,研究グループは,光源にレーザーでなく白色光ランプを用いることにより,取得時間0.05秒の無走査吸収分光イメージング法を開発した。今後,人類共通の課題である食の生産性を高める微細藻類の大量培養や細胞の癌化メカニズムの解明に貢献すると期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る