【重要】O plus E 本誌価格改定のお知らせ

安価で操作性向上を実現する高性能色素の開発に成功東京工業大学,山口大学

 東京工業大学と山口大学の研究グループは,二光子励起蛍光顕微鏡の感度と操作性の大幅な向上,システムのコストダウンを実現する新規蛍光色素の開発に成功したと発表した。

 二光子励起蛍光顕微鏡は,生体組織の深部を観察するのに最も優れた性能を有しているが,蛍光プローブと光源の性能・種類に限りがあったため,観察能力の限界とコスト面の問題があり,実用化が足踏み状態だった。

 今回開発した色素は,多環式芳香族化合物であるピレンに電子受容性基(アクセプター)を導入した分子で,「生体光学窓」と呼ばれる生体組織の光透過性のよい波長領域(650~1100nm)で強く光を吸収(色素を励起)し,高効率で発光する。イメージングに用いると,従来の汎用色素と比べて20倍以上の感度が得られた。また,従来不可能だった,波長1050nmのファイバーレーザーを使用でき,現行のチタンサファイアレーザーを用いるシステムと比べて操作性が向上し,コストが削減できる。

 今後,二光子励起蛍光顕微鏡の医療現場での実用化を大きく加速させると期待されている。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

マシンビジョンライティング 実践編 第1刷

著者
増村 茂樹
価格
4,800円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る