【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

赤外線宇宙背景放射線の大きな「ゆらぎ」を発見JAXA宇宙科学研究所,東北大学

JAXA宇宙科学研究所と東北大学の研究グループは,米国カリフォルニア工科大学や韓国天文宇宙科学研究院等の研究者らと実施したCIBER実験により,近赤外線の宇宙背景放射にこれまでの予測を超える大きな「ゆらぎ(まだら模様)」が存在することを発見したと発表した。

今回発見した「まだら模様」は,普通の星や銀河等による影響だけでは説明がつかない大きさで,既知の銀河すべての影響を考慮した予測値の2倍以上ある。宇宙には未知の赤外線光源が大量に存在することを示し,宇宙にある未知の天体の存在について新たな仮説を必要とする新発見であるといえる。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る