【重要】O plus E 本誌価格改定のお知らせ

マウスを丸ごと透明化し1細胞解像度で観察する新技術の発見理化学研究所,東京大学

理化学研究所と東京大学の研究グループは,全脳イメージング・解析技術「CUBIC」の透明化試薬を用い,マウス個体全身における遺伝子の働きや細胞ネットワーク構造を三次元データとして取得し、病理解析や解剖学に応用するための基盤技術を開発したと発表した。

これまで数多くの生体組織透明化技術が開発されてきたが,いずれも脂質の除去と屈折率の均一化に焦点が当てられており,血液などの生体色素を含む組織を効果的に脱色できる透明化手法はなかったところ,この度,CUBICの透明化試薬に含まれるアミノアルコールが,生体組織中の代表的な色素である血液中のヘムを溶出し,組織の脱色を促進することを発見した。生体組織による光の散乱だけでなく,光の吸収を抑えることで10日から2週間のうちにマウスの臓器および全身を丸ごと透明化できる新しい透明化プロトコールの開発に成功した。さらに,シート照明型蛍光顕微鏡注を用いることで,体内の解剖学的構造や遺伝子発現の様子を1細胞解像度で三次元イメージとして高速に取得することが可能となった。この技術により,マウスの全身および臓器を丸ごと透明化し,細胞一つ一つを識別し,1細胞解像度で観察することができるとしている。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

マシンビジョンライティング 実践編 第1刷

著者
増村 茂樹
価格
4,800円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る