【重要】O plus E 本誌価格改定のお知らせ

ノーベル物理学賞に青色LEDの赤~,天野,中村氏スウェーデン王立科学アカデミー

スウェーデン王立科学アカデミーは,2014年のノーベル物理学賞を,青色発光ダイオードを開発した赤?勇名城大学教授と天野浩名古屋大学教授,中村修二米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の3氏に授与すると発表した。

日本人のノーベル賞受賞は,2012年の山中伸弥・京都大学教授の医学生理学賞に次ぎ計22人となった。日本人3人が共同受賞するのは,2008年に素粒子論でノーベル物理学賞を南部陽一郎,小林誠,益川敏英の3氏が受賞して以来,2回目の快挙であり,物理学賞はこれで計10人となった。

授賞理由は「省エネで環境に優しい新光源としての青色発光ダイオード(LED)の発明」としている。3教授は1990年代初めに,窒化ガリウムで青色LEDの半導体を発明した。既存の赤と緑に加えて3原色がそろったことで,LEDの白色ランプを実現し,世界の照明に革命をもたらした。この研究はさらに青色レーザーにつながり,ブルーレイディスクに発展した。

青色LEDはそれまで30年間も追求されながら,良質の窒化物半導体作製が難しく,「20世紀中は不可能」とされていた。その中で,赤?勇,天野浩の両教授は名古屋大学で共同研究し,窒化ガリウム半導体を作り,青色LED作製に成功した。中村教授は,徳島県阿南市の日亜化学で研究開発に取り組み,青色LEDを低コストで大量に生産する技術を確立した。

授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ,賞金800万スウェーデンクローナ(約1億2000万円)は3氏に分けて贈られる。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

マシンビジョンライティング 実践編 第1刷

著者
増村 茂樹
価格
4,800円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る