【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

らせんに巻いた電子スピンによる巨大な光のアイソレーター効果の発見東京大学・理化学研究所

東京大学・理化学研究所の研究グループは,物質中に生じるらせん型に配列した電子スピンが,ギガヘルツからテラヘルツの周波数帯にエレクトロマグノンと呼ばれるスピンの集団運動が現れることを発見したと発表した。さらに,らせん型のスピン配列が持つ「磁性」と「カイラリティ」という2つの性質によって,エレクトロマグノンが巨大な磁気カイラル効果を示すことを明らかにした。それにより,光の進行方向に依存して吸収係数を最大400%変化させることに成功した。

将来の大容量通信等さまざまな応用が期待されている高周波のギガヘルツ帯からテラヘルツ帯では,光(電磁波)の制御のための技術開発が行われており,今後,アイソレーターや,物質の光吸収を外部の電場や磁場で操作可能な光(電磁波)制御素子としての展開が期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る