【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

「空中3Dディスプレイプロジェクト」の実験公開日本科学未来館

日本科学未来館は,同館内に併設する研究棟を拠点に活動を行う「空中3Dディスプレイプロジェクト」を開発した,空中描画装置の実験を一般公開した。

3D表示の多くは,人間の両眼視差を利用することによって疑似3Dイメージを2D上に形成したもので,視野の制限,生理的な不快など多くの問題があったところ,その問題を克服するために,本当の3D空間で3Dイメージを見ることが可能な,「実像の3Dディスプレイ」の開発により,目に見えないレーザー光線を空中に照射することで生み出されるプラズマの光の点を用いて,3Dの絵や文字を空中にくっきりと浮かび上がらせることができ,国際特許を取得した。今回,この装置の高性能化と大幅な小型化が実現し,普通自動車への搭載が可能となった。

自動車の天窓を開けて空中に投影でき,360度どこから見ても同じ情報を提示できるので,今後,新しい形のデジタルサイネージや,防災時の緊急表示などへの応用が期待されている。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る