【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

紫外線でガスを自由に取り出せる空間材料を開発京都大学

京都大学の北川進教授らの研究グループは,一酸化窒素を光により自在に取り出すことが可能な多孔性構造体の開発に成功したと発表した。

今回の発表では,有機物と金属イオンからなる,極めて均一なナノサイズの細孔をもつ多孔性金属錯体(PCP)に閉じ込めた一酸化窒素を,紫外線の照射のみによって取り出すことに成功,さらにPCP結晶を細胞培養基板に埋め込みレーザー光で狙った場所でのみ一酸化窒素を取り出し,生きた細胞に取り込むことに成功した。

一酸化窒素は,生体内の様々な情報伝達の役割を担っている非常に重要なガスだが,拡散が速く,取り扱いが非常に困難であるために,そのメカニズムはあまり解明されていなかったが。今回の発表によりさまざまな細胞にこの技術応用することで,一酸化窒素の細胞内での役割の解明が期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る