セミナー・スケジュール

セミナースケジュールは、日付をクリックするとその日に切り替わります。
講演ID
P-152
講演日時
6/12(水)
14:30~15:20
講演会場
第2セミナールーム
セミナー名
精密加工測定セミナー
講演名
キログラムの新しい定義を導いたシリコン単結晶球体形状評価技術
講演者名
産業技術総合研究所 工学計測標準研究部門 質量標準研究グループ 研究グループ長 倉本直樹
講演概要
質量の単位「キログラム」は、1889年に国際キログラム原器の質量として定義された。2019年5月20日、このキログラムの定義が130年ぶりに改定され、普遍的な物理定数であるプランク定数にもとづく新しい定義へと移行した。この歴史的な定義の改定を導いた技術の一つであるシリコン単結晶球体の形状を原子レベルの精度で評価する技術について解説するとともに、定義改定への我が国の貢献について紹介する。また、定義改定の波及効果についても紹介する。
講演者プロフィール
1998年佐賀大学大学院工学系研究科博士課程修了(博士(理学))。1999年通商産業省工業技術院計量研究所入所。2001年の中央省庁再編を経て、現在、産業技術総合研究所工学計測標準研究部門質量標準研究グループ長。130年ぶりとなるキログラムの定義改定を導いたシリコン単結晶球体体積測定用レーザー干渉計の開発を担当。質量標準研究グループ長として、プランク定数を基準とする新たな質量の国家標準の構築にも取り組んでいる。

参加登録