セミナースケジュール

セミナースケジュールは、日付をクリックするとその日に切り替わります。
講演ID
V-372
講演日時
12/6(金)
16:10~17:00
講演会場
会場内 セミナールーム
セミナー名
VMEセミナー
講演名
超臨場感が現実を変える
講演者名
東京大学 大学院 情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 鳴海拓志
講演概要
超臨場感を実現する技術として、感覚間相互作用によって提示が容易な刺激を組み合わせるだけで複雑な五感体験を提供可能にするクロスモーダルインタフェースなど、錯覚応用型のバーチャルリアリティ技術が大きな注目を集めている。
本講演では、この種の超臨場感提示技術を紹介するとともに、その応用として超臨場感提示によって感情や認知能力の変化を導き人間の能力を拡張する人間拡張技術を紹介し、こうした新たなインタフェース技術がわれわれ自身や現実の社会を変えていく可能性を議論する。
講演者プロフィール
2006年 東京大学工学部システム創成学科卒業
2008年 同大学大学院学際情報学府修了
2011年 同大学院工学系研究科博士課程修了
同大学情報理工学系研究科知能機械情報学専攻助教、講師を経て、2019年より准教授、現在に至る。
博士(工学)。JSTさきがけ研究者。

バーチャルリアリティや拡張現実感の技術と認知科学・心理学の知見を融合し、限られた感覚刺激提示で多様な五感を感じさせるためのクロスモーダルインタフェース、身体知覚の変容を通じて人間の行動や認知、能力を変化させるゴーストエンジニアリング技術等の研究に取り組む。
日本バーチャルリアリティ学会論文賞、ヒューマンインタフェース学会論文賞、文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞、グッドデザイン賞など、受賞多数。

参加登録