セミナーレポート

高精細映像とAIで進化する警備サービスALSOK セキュリティ科学研究所 桑原 英治

本記事は、国際画像機器展2018にて開催された特別招待講演を記事化したものになります。

多様化・拡大する安全・安心サービス

 高精細カメラ,AI,5Gを活用した取り組みとして,都市空間セキュリティ(広域監視)の実現を目指し,総務省の「5G総合実証実験」に参画しています。鳥の目のような高所からのカメラの監視や, 自動車やドローンによる魚の目の監視とともに,虫の目のような地上の監視を組み合わせ,「現代版火の見やぐら」として1年間実証実験を行いました。スカイツリーの340 mの位置に4Kカメラを設置し,AIにより火災や暴走車などを検知する試みを進めています。
 当社では,セキュリティ事業を中核として,ファシリティ,介護関連をはじめ,官民インフラの老朽化,自然災害,国土保全,地域生活の見守り,インバウンド,大規模イベントなど,安心安全ニーズの拡大に対応しています。社会インフラの老朽化に対応する「監視」と「点検」ソリューションとしては,自社の2400か所の拠点を活用し,自治体におけるトンネルの異常警報遠隔監視やダム設備機器監視,ドローンによるメガソーラー監視などがあります。また,日常の車両走行の中で,スマートフォンと車載カメラにより路面の劣化状態を収集・分析し,自治体での維持管理の支援を行っています。さらに,自然環境の変化と災害への対応として,ICT技術を駆使し,火山災害の監視や,鉄道高架下道路の監視,浸水の監視,浸水対策などを支援しています。ドローンの活用としては,無線の場合,電池の消耗があるため長時間使えない欠点を払拭する有線ドローンを導入しています。最大連続8時間稼働を実現し,火災現場の上空からの確認をはじめ,石油コンビナートでの点検などに活用しています。交通誘導に関してもAIを活用し,交通誘導員を5人から2人に削減するなど省人化するため,全国の県警で導入を進めています。
 日本は社会課題大国だと言われています。テロ,大規模イベント,ソフトターゲットなどの安全保障,少子高齢化,インバウンド,防災減災など,いろいろな課題があります。これらを解決するためには,異業種連携,産学官連携によるオープンイノベーションが欠かせません。当社でも先ほどの総務省の「5G総合実証実験」をはじめ,NEDO委託事業「革新的AIエッジコンピューティング技術の開発」や,異常音検出AI技術を用いたNEDOプロジェクト「AIシステム共同開発支援事業」への参画を進めています。オープンイノベーションによりサービスを革新し,社会価値の創造に貢献していければと考えています。

ALSOK セキュリティ科学研究所 桑原 英治

1982年,日本電信電話公社入社,1992年,ジュネーブ海外事務所にて海外ビジネスに従事。2002年,NTT-ME次世代ネットワーク事業部長として通信ビジネスに従事。2005年より東日本電信電話㈱ ビジネスソリューション部長,NTTコミュニケーションズ㈱法人事業本部第四法人営業本部長として,法人ビジネスに従事。2011年,綜合警備保障㈱執行役員商品サービス企画部長。2018年より同社 セキュリティ科学研究所長として警備ビジネスに従事。現在に至る。

アーカイブもっと見る

遠赤外線カメラと可視カメラを利用した悪条件下における画像取得
遠赤外線カメラと可視カメラを利用した悪条件下における画像取得(5/25) 産業技術総合研究所 東京工業大学 田中 正行
自動運転をめぐる法整備の最新動向
自動運転をめぐる法整備の最新動向(5/25) 明治大学専門職大学院法務研究科 自動運転社会総合研究所所長 中山 幸二
アテンションメカニズムによる深層学習の解釈に向けて
アテンションメカニズムによる深層学習の解釈に向けて(3/25) 中部大学 工学部ロボット理工学科 藤吉 弘亘
社会の安心・安全を支える顔認証技術の紹介
社会の安心・安全を支える顔認証技術の紹介(3/25) NEC バイオメトリクス研究所 高橋 巧一
高精細映像とAIで進化する警備サービス
高精細映像とAIで進化する警備サービス(1/25) ALSOK セキュリティ科学研究所 桑原 英治

ダウンロード

展示会FAQ