セミナーレポート

国際画像セミナー特別招待講演 「高速画像処理とその応用」を聞いて東京大学 石川 正俊, 他

本記事は、国際画像機器展2010にて開催された【特別企画】 最新画像処理 鼎談を記事化したものになります。

市場があれば開発する日本,市場がないから開発する米国

北川:最近は研究テーマを会社で提案するときに,必ず経営層から「マーケットはどうだ?」と聞かれます。これはある意味しょうがないと思いますが,そのウェイトがどんどん大きくなっていることや,若手技術者が振り回されて,研究よりも時間を割かざるを得なくなっている状況が心配です。これはある意味,企業の余裕のなさのあらわれなのかもしれません。

石川:「マーケットがないから」という経営層の拒絶反応は,論理を持って打ち破らなければなりません。例えば,10件の新規分野を開拓しようとする場合,9件がつぶれても1件が10倍のゲインを得られれば良いわけです。でも,今の日本の企業はこうした考え方ができません。1件の分野でマーケットがあり,かつそこで利益が出なければ,事業にゴーが出せないのです。これでは,コンサーバティブな事業しかできません。うまく行っても投資額の2~3倍しかリターンが得られません。
 米国ではベンチャーキャピタルがそのリスクヘッジを担っています。韓国は政府が後押しした財閥がそれを担っている。台湾,中国では政府そのものが負担しています。

猿田:今話題の「仕分け」の逆があってもいいと思いますね。「何を削るべきか」ではなくて「何をやるべきか」を選ぶような。

石川:一応そうした施策も政府は実施しています。しかし,セレクションのロジックが相変わらず「マーケットが無いものにカネは出さない」。米国は「既存マーケットがあるならやめましょう」,日本は「既存マーケットがあるならやりましょう」。この違いは大変大きいと感じます。
 独創性には必ずリスクが伴います。ただし,必ず何割かの確率で当たります。当たった時のゲインが残りをコンペンセートできればいいだけの話です。全体像を見てそうした判断をしなければなりません。しかし,それをやれる人が今の日本にはいないのです。

北川:技術に対するモチベーションがどんどんシュリンクしてしまって,若者が夢を感じられなくなってしまっていますね。

石川:そうです。
 今の日本では,例えばうちの研究成果がマスコミで発表されると,最初に電話がかかってくるのが韓国の大手電機メーカーからです。日本のメーカーから連絡が来るのはその1か月後です。
 そうした韓国のメーカーでは,社内に膨大なリスクマネーを保有していると聞きます。日本の半導体事業が韓国に負けた理由は技術ではありません。リスクマネーをどれだけ持っているかということです。政府が財閥系企業を支援し,それを担保に韓国メーカーはどんどん投資しました。そして,そのうちいくつかの事業が成功しています。そうなると,またリソースが増えるという好循環を作り出しています。
 一方の日本企業はリスクが大きい事業には極力投資をしません。安全な事業にしか手を付けないのです。そうなると当然ゲインが足らなくなります。1回でも失敗すると残りをコンペンセートできません。
 そのように失敗した者は,日本では痛烈に非難されます。しかし,私は「正当な失敗」は,むしろどんどんやらなければならないと考えています。「正当な失敗」とは,理論と手法は誰が考えてもうまくいくがマーケットが分からない場合に起こる失敗のことです。そうして失敗した人たちは褒めてあげなさい。「もう1度やりなさい」と言ってあげてください。10回やって1回でも成功すればその人に拍手を送りましょう。
 1つみなさんに質問したいのですが,誰でも使っている手法と材料で,誰でも分かっているマーケットにおいて,ゲインが1.1~1.2あると思われるところに投資したら,結果として1.1になった。これは成功といえますか?
 私は大失敗だと思っています。

北川:会社で提案されているテーマを見ていると「改善」や「改良」ばかり。「革新」といえるものはほとんどありません。短期的なプロフィットのみ追求するようなテーマばかりになりがちです。

石川:そういう企画であれば,他国の企業でも同じことを考えられます。特にアジア圏の企業は安い人件費と高いモチベーションという武器を持っているので,同じ土俵の上ならば日本が負けるのは目に見えています。だから,他のアジア圏の国ではできないことをやらなければなりません。それこそが「マーケットのないもの」なのです。

<次ページへ続く>

東京大学 石川 正俊, 他

アーカイブもっと見る

遠赤外線カメラと可視カメラを利用した悪条件下における画像取得
遠赤外線カメラと可視カメラを利用した悪条件下における画像取得(5/25) 産業技術総合研究所 東京工業大学 田中 正行
自動運転をめぐる法整備の最新動向
自動運転をめぐる法整備の最新動向(5/25) 明治大学専門職大学院法務研究科 自動運転社会総合研究所所長 中山 幸二
アテンションメカニズムによる深層学習の解釈に向けて
アテンションメカニズムによる深層学習の解釈に向けて(3/25) 中部大学 工学部ロボット理工学科 藤吉 弘亘
社会の安心・安全を支える顔認証技術の紹介
社会の安心・安全を支える顔認証技術の紹介(3/25) NEC バイオメトリクス研究所 高橋 巧一
高精細映像とAIで進化する警備サービス
高精細映像とAIで進化する警備サービス(1/25) ALSOK セキュリティ科学研究所 桑原 英治

ダウンロード

展示会FAQ

第29回三次元工学シンポジウム

第15回偏光計測研究会