セミナーレポート

誰にでもわかる車載画像処理 ―車の周囲を見る技術・見せる技術―日産自動車(株) 下村 倫子

本記事は、画像センシング展2011にて開催された特別招待講演を記事化したものになります。

「見せる」だけの機能に特化

 商品に関してよく聞かれるのは,「安全ですか?」という質問です。このシステムでは,自動で何かを検出して停止するような装置は一切付いていません。とにかく「見せる」ことに徹しています。私が実際に使ってみて一番使いやすかったのは,駐車位置が駐車場のラインと平行になっているか,窓を開けなくても確認できたことです。こうしたニーズはワンボックスカーの場合に多くて,実際に非常に役立っているようです。「このシステムがあるから駐車枠の確認がやりやすくなった」とか,「見にくかったものが見られるようになった」,「駐車するときに同時に2カ所を見なければいけなかったのが一度で済むようになった」,そういう風に使っていただきたいと思います。
 このシステムは自動的に停止するような仕組みはありませんが,ソナーとは連動しています。超音波を使って外部の障害物を検知するとアラームが鳴ります。しかし,ただ単に鳴らせるだけではどこの障害物を検知して鳴っているのか分からない。そこで,ソナーと画像を連動させて,アラームが鳴った場所の映像を表示するようにしました。そういうことでも,こうした機能が使いやすくなっています。
 また,操舵(そうだ)角との連動に関しては,初期型はリアビューモニターのみで実施していて,ステアリングの角度に合わせてバックする方向の予測線を表示しています。新しいアラウンドビューモニターでも同様の機能を搭載しました。ハンドルを1回転回したか,2回転回したか分からなくなる運転者もいるので,そういう方でもこの機能があると非常に使いやすくなります。歪んだ画像よりも補正した画像上に描画する方が,今のハンドル状態だと真っ直ぐ行くのか曲がるのかが理解しやすくなるといえます。
 今までお話してきたのが第1世代アラウンドビューモニターです。最近の商品には当然これらの機能は付いているのですが,ほかに今申し上げたような駐車のガイド機能や,T字路でクルマのノーズだけ出して見回したりする機能が付加されています。また,カーナビゲーションと連動させて,こうしたT字路に来たら自動的に左右を見回す映像に切り替わるような機能も出て来ています。

<次ページへ続く>

日産自動車(株) 下村 倫子

1991年,東京農工大学 工学研究科 電子情報工学博士前期課程終了。
1991年4月,日産自動車(株) 総合研究所電子情報研究所に入社。
現在,同社モビリティ研究室にて,運転支援に関する研究開発に従事(工学博士)。

アーカイブもっと見る

オムロンのコア技術“Sensing&Control+THINK”の集大成 卓球ロボットFORPHEUS-「人と機械の融和」の実現に向けて-
オムロンのコア技術“Sensing&Control+THINK”の集…(9/25) オムロン(株) 技術・知財本部 センシング研究開発センタ 研究員 中山 雅宗
省演算・省電力AI:SOINNの活用事例
省演算・省電力AI:SOINNの活用事例(9/25) SOINN(株) 代表取締役CEO 長谷川 修
NTTグループが描く未来農業
NTTグループが描く未来農業(7/25) 日本電信電話㈱(NTT) 研究企画部門 プロデュース担当部長 久住 嘉和
QoL向上のためのメディア認識・理解技術
QoL向上のためのメディア認識・理解技術(7/25) 東京大学 大学院情報理工学系研究科 電子情報学専攻 山崎 俊彦
商用化が目前に迫る完全自動運転における画像センシング技術の重要性
商用化が目前に迫る完全自動運転における画像センシング技術の重要性(11/26) インテル(株) 事業開発・政策推進ダイレクタ 兼 名古屋大学客員准教授 野辺 継男

ダウンロード

展示会FAQ