【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

分光測色計の最上位機種をリニューアルコニカミノルタセンシング(株)

※掲載1年を経過した記事につきましては,資料請求をすることはできません。

分光測色計の最上位機種をリニューアル
コニカミノルタセンシング(株)は,同社のフラッグシップ機となる分光測色計「CM-3700A」をこの11月に発売する。CM-3700Aは,1994年に発売した分光測色計「CM-3700d」のリニューアルモデルで,同社の分光測色計の最上位機種となる。今回のリニューアルでは,パソコンとのインタフェースにUSBを採用した。さらに,欧州の環境規制であるRoHS指令にも準拠。従来機種とデータ互換性があるため,蓄積された測定データの継続使用が可能である。シリーズの特長である、SCI(Specular Component Included)とSCE(Specular Component Excluded)の切り替え測定や,蛍光色の測定,反射色と透過色の両方を1台で測定できる機能はそのまま残してある。

New Products 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る