【重要】OplusE 本体価格・定期購読料金改定のお知らせ

ライン幅3kHzと狭帯域化したレーザーモジュールを光貿易が発売光貿易(株)

※掲載1年を経過した記事につきましては,資料請求をすることはできません。

ライン幅3kHzと狭帯域化したレーザーモジュールを光貿易が発売
光貿易(株)(本社 東京都文京区)は,ライン幅3kHz以下と狭帯域化したキャビティーレーザーモジュール「Orionレーザーモジュール」を2010年11月に発売開始した。Orionは,米Redfern Integrated Optics(RIO)社の「PLANEX狭帯域レーザーモジュールシリーズ」をベースにドライバーや周辺回路を組み込み,低いRIN値と位相雑音,狭帯域化を図ったレーザーモジュールの新モデルである。出力は20mWで,信頼性はTelecordia GR-486に準拠している。レーザーの安定性と狭帯域化は,電源の安定性向上や温度の精密制御などによってノイズ成分を減らして実現している。外部モニターや制御システムとはSPIやRS232,RS485を介して接続できる。ライン幅は3kHz以下。RIN値は1kHz以上で-140dB/Hz。波長は1520~1565nmで波長選択域(温度)は最大で60pm。直接周波数変調域は200MHz以上で,変調スピードは最大100kHzである。

New Products 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

干渉計を辿る

著者
市原 裕
価格
3,000円(税抜)

光エレクトロニクスの玉手箱IV

著者
伊賀健一・波多腰玄一
価格
4,300円(税抜)

第11・光の鉛筆

著者
鶴田匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

Excelでできる光学設計

著者
中島 洋
価格
3,909円円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

研究室探訪もっと見る