出展社NEWS

SVS-VISTEK 最新3製品SVS-Vistek GmbH

<SHR461MXGE>
高解像度のSHRシリーズは、大判センサの大画素の優れた物理特性により、優れた画質を実現しています。熱的に最適化されたハウジングは、最高の光学精度をお約束します。大型のM72レンズマウントは、あらゆるレンズに対応します。経済的で高性能な10 GigEインターフェイスは、これらの大型画像に最大1.1 GB/sの高速データ転送速度を提供します。

特長
•ユーザー定義のシェーディング補正
•自動およびユーザー定義のピクセル補正
•最大16ビットの色深度
•極低ノイズ
•最大82dBのダイナミックレンジ
•4チャンネルLEDストロボコントローラ内蔵
•セイフトリガ、プログラマブルロジック機能、シーケンサ、タイマー搭載の産業用TTL-24V I / Oインターフェース、RS232

<FXO541MXGE>
最新のSony Pregius Sセンサを搭載したFXO 10GigEは、優れた画質と経済的な高性能インターフェイスを提供します。最長100mまでの距離に対応し、制御はGigE Visionに対し透過的に行われます。削り出しによる、頑丈なハウジングによる放熱効果により優れた画像の均一性を提供します。大容量の画像メモリは、ネットワーク負荷に関係なく、画像シーケンスの迅速なトリガをサポートします。

特長
•画像全体にわたり(およぶ)優れた均一性を実現
•熱的に最適化された、フライス加工のアルミニウムハウジング
•10GigEインターフェイスPoE
•内蔵4チャンネルLEDストロボコントローラ
•ROI、ルックアップテーブル
•フレームレートブーストによるビニング
•C / CSマウントとM42
•2xIN、4xOUT、Opto、RS232搭載のIOインターフェース
•セイフトリガ、プログラマブルタイマー、ロジック機能(PLC)、シーケンサを搭載

<HR342MXGE>
HR 10 GigEシリーズは、ハイエンドの高解像度CCDとCMOSセンサを搭載しており、センサの帯域幅をフル活用することができます。10 GigE は、最長100m までの距離で最大 1.1 GB/s の画像データを配信します。GigE Vision、10 GigE Vision、GenICamなどの確立された規格に準拠したすっきりとしたデザインにより、最終的なアプリケーションへの迅速な統合を行います。バーストモードでは、さらに高いトリガ周波数が可能になります。

特長
•洗練されたタップバランシング(CCDのみ)
•欠陥画素補正、レンズシェーディング補正
•ROI、LUT、ビニング、ガンマ、オフセット、自動露光
•高トリガ周波数のためのバーストモード
•GenTLドライバを用いたGenICamインターフェース
•一体型マルチチャンネルLEDストロボコントローラ
•セイフトリガ、プログラマブルロジック機能、シーケンサ、タイマー搭載の産業用TTL-24V I / Oインターフェース、RS232
•M58レンズインターフェース(Fマウントはオプション)

ダウンロードファイル・参照URL

http://www.svs-vistek.com/

出展社情報

SVS-Vistek GmbH
担当部署:Marketing
TEL:+81-80-7033-1689 FAX:+49-8152-9985-79
住所:Mühlbachstraße, 20, 82229, Seefeld, Germany
URL:http://www.svs-vistek.com/

▼ プラチナスポンサー ▼

株式会社リンクス

東芝テリー株式会社

ダウンロード

展示会FAQ

第30回三次元工学シンポジウム

第16回偏光計測研究会