国際画像機器展2019の注目製品


解像度の限界を破る! SHR411

shr411はローリングシャッターを使用しており、モノクロ、及びカラーモデルがあります。512 MBの内蔵SDRAM
メモリ、直接照明制御、読み出し制御、ビニング、ルックアップテーブル用の4つの内蔵LEDコントローラ、カラー
モデルの自動/ 手動ホワイトバランス等の機能を持ち、多くの産業用途に適しています。


Technical Highlights
■6.5 fpsの151MP
■優れた画像均一性
■ローリングシャッターCMOSセンサ
■ユーザー定義のレンズシェーディング補正
■ユーザー定義のピクセル補正
■シュミットトリガ、デバウンサーによる信号セキュリティ
■産業用I / Oの概念:最大24 Vの信号電圧
■GenICamインターフェース
■セイフトリガ、プログラマブルロジック機能、シーケンサ、
 タイマ、RS232を備えた産業用TTL-24V I / Oインタフェース

解像度の限界を破る! SHR411

HRシリーズの新メンバー HR342

〈CoaXPress〉
近年発売されたセンサによって生み出される高い帯域幅のニーズを満たすために
開発されました。 Sony社の最新高解像度CMOSセンサは、高いフレーム
レートに対応しています。
〈10 GigE〉
ハイエンドの高解像度CMOSセンサの搭載により、センサの帯域幅を最大限
活用することができます。最大100 mの距離で1.1 GB / s の画像データを配信。
GigE Vision 、10 GigE Vision 、GenICam等の規格に準拠した設計によるアプリ
ケーションへ迅速に統合します。バーストモードではより高いトリガ周波数が可能と
なります。光学計測、表面管理、品質管理、広領域の監視等に適しています。

Technical Highlights
■ROI、LUT、ビニング、オフセット、ガンマ
■レンズシェーディング補正
■マルチチャンネルLEDストロボコントローラ内蔵
■CoaXPress(最大4 x 6,25 Gbit / s)
■セイフトリガ、プログラマブルロジック、シーケンサ、タイマ、
 RS232を備えた産業用TTL-24V I / Oインタフェース、
■CXPを介した電源投入

HRシリーズの新メンバー HR342

More Power! The new SHR 461

100 MP @ 8.7 fps, 82 dB Dynamic Range

2020年2月発売予定

More Power! The new SHR 461

SVS-VISTEKジャパン株式会社

〒220-0072 横浜市西区浅間町1-4-3-801  TEL:045-534-6295
URL:http://www.svs-vistek.com E-mail:apac@svs-vistek.com

>> 一覧へ戻る <<