画像センシング展2022の注目製品


近赤外線カメラ 高精細・広帯域近赤外線カメラ:ABA-013 VIR

ソニー社製InGaAs SWIRイメージセンサーIMX990 を搭載することで
、可視光(400 nm)から非可視光/ 近赤外線(1700 nm)までの
広帯域でシームレスな撮像を実現。
有効画素数は約134 万画像、 1280(H)×1024(V)の高解像撮影
ができる“広帯域・高感度” 近赤外線エリアカメラ。

【製品の特長】
●可視領域から近赤外線領域まで対応(感度帯域:400~1700 nm)
●有効画素数は約134万画像、1280(H)×1024(V)の高解像で撮影
●5 μmの画素サイズにより、検査精度の微細化を実現
●カメラ出力はGig-E Vision/CameraLink/CoaXPressに対応
●CoaXPressモデルはPower over CXPに対応

近赤外線カメラ 高精細・広帯域近赤外線カメラ:ABA-013 VIR

近赤外線カメラ ハイパースペクトルカメラ:AHS-001MIR

非可視光線╱赤外線(1300 nm 〜2150 nm)までの波長で分光分析を実現。

【製品の特長】
●分光波長:1300 nm ~ 2150 nm
●分光解像度:TBD
●レンズマウント:Cマウント 1/2インチ
●有効画素数:320(H)×256(V)╱画素サイズ:20 μm
●映像出力フォーマット:GigE Vision╱CameraLink
●露光時間:最小 1 μs 〜 1 ms ╱最大 507 fps

近赤外線カメラ ハイパースペクトルカメラ:AHS-001MIR

画像入力ボード CoaXPress 2 .0 対応:APX-36124シリーズ

【APX-36124】
●対応カメラ:Single 4ch/Dual 2ch/Quad 1ch
●高画素・高速カメラ画像検査ニーズに対応した画像入力ボード
●細線同軸ケーブルのため電源供給かつ長距離配線が可能となり
 ケーブル引き回しの利便性が向上

【APX-36124-DF】
●対応カメラ:Quad 1ch
●高画素・高速カメラの大容量な画像データをデイジーチェーン
 方式で分散処理が可能なハイエンド向け画像入力ボード

画像入力ボード CoaXPress 2 .0 対応:APX-36124シリーズ

株式会社アバールデータ

〒243-0438 神奈川県海老名市めぐみ町2番2号 ViNA GARDENS OFFICE 14階 TEL:046-240-6944 FAX:046-240-6945
URL:https://www.avaldata.co.jp E-mail:sales@avaldata.co.jp

>> 一覧へ戻る <<