開催概要もっと見る

拡がり続けるビジュアルメディア

3D、プロジェクションマッピング、4K/8K、VR/ARとさまざまな映像技術、表現技術が発展し、大画面からモバイルと、各々の特色を生かした環境で私たちに疑似感覚や体験を提供しています。本年も世界最大の「画像処理の展示会」である国際画像機器展と同時開催することにより、映像制作、ものづくりの現場に欠かせない技術やデバイスをも網羅し、新たなコラボレーションへも結びつく展示会として、エンターテインメント、アミューズメント、広告をはじめ、医療、建設、教育、さらに活用の場が拡がる製造業といった分野へもアプローチしてまいります。