国際画像機器展2015&
ビジュアルメディアExpo2015 来場者数
12/2(水) 曇りのち雨 4,421人(4,366人)
12/3(木) 雨のち曇り 5,318人(5,118人)
12/4(金) 晴れ 5,860人(6,300人)
合計 15,599人(15,784人)

()内は昨年度データになります。

開催概要もっと見る

ビジュアルメディアの多様性に迫る

ビジュアルメディアは新たな切り口やアイディアの組み合わせにより、また、デバイスの進化により、さらに多様な姿で私たちの日常を彩っています。ただ見せるだけ、ではなく、時間や距離感をも超え、あたかも自身が体験をしたかのような感覚、体験、広い世界とのつながりまでも私たちに広く提供しています。空間や時間すら超えたビジュアルメディアの多様性が、コンテンツの可能性を広げ、さらなる進化を推進すると考えられます。本年も世界最大の「画像処理の展示会」である国際画像機器展と同時開催することにより、映像制作、ものづくりの現場に欠かせない技術や、近年急速な技術発展で話題となっているウェアラブルをはじめとするデバイスまでをも網羅した展示会として、エンターテインメント、広告、さらには医療、建設分野などにもアプローチしてまいります。