【重要】O plus E 本誌価格改定のお知らせ

隠れた物性情報を引き出す新しい電子顕微鏡技術の開発物質・材料研究機構,東京理科大学,中国科学技術大学 研究グループ

 物質・材料研究機構,東京理科大学,中国科学技術大学の研究グループは,電子ビームを使った顕微鏡において,電子のエネルギーがゼロに近い領域から高エネルギーまでの広いエネルギー範囲でナノ薄膜を一度に計測する新発想の汎用の分光顕微鏡技術を開発し,その有効性を実証したと発表した。
 従来,単色入射電子ビームのエネルギーを変化させ電子光学系を再調整しながら電子顕微鏡像を計測する方法は手間がかかっていたが,基板物質内で生成した広いエネルギー分布を持つ二次電子を仮想の白色電子源としてナノ薄膜を観察する発想を転換した新手法を開発し,その実現にあたり,二次電子に含まれるバックグラウンド信号を完全に除去する必要があり,そのために天文学で望遠鏡の微弱信号の精密検知に利用されていた,4点計測法を発展させてナノ薄膜に適用したことにより,グラフェンの電子透過率をゼロに近い領域から600電子ボルトまでの広い範囲で一度に計測し,その実測値が理論値と良く一致することを確認した。
 広いエネルギー範囲の可視光を使った物体の透過率特性は物体の「色」を意味しているので,広いエネルギー範囲で電子の透過率を求めることは,電子という微小な「目」を使ってナノ薄膜の局所的な「色」を見ていることに相当する。通常は,存在の検知すら難しいナノ薄膜を短時間に特定部位を狙って「色」などの品質を識別する技術の開発は,大面積で品質の均一性を確保するのが難しい新規のナノ薄膜の研究にとって重要である。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

マシンビジョンライティング 実践編 第1刷

著者
増村 茂樹
価格
4,800円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る