【重要】O plus E 本誌価格改定のお知らせ

マイクロ波単一光子の高効率検出を実現理化学研究所(理研),東京医科歯科大学,マサチューセッツ工科大学,日本電気(株) 研究グループ

 理化学研究所(理研),東京医科歯科大学,マサチューセッツ工科大学,日本電気(株)の研究グループは,超伝導回路上に「人工Λ(ラムダ)型原子」を実装し,その特性を応用することで,「マイクロ波単一光子」の高効率での検出を実現したと発表した。
 超伝導回路によって構成される超伝導量子ビットの制御や状態の読み出しには,その励起エネルギーに近いマイクロ波(周波数:数GHz ~数十GHz)が用いられる。
マイクロ波の“量子”であるマイクロ波光子の高効率検出や生成といった基盤技術は,量子コンピュータの早期実現やマイクロ波量子光学の発展に貢献すると期待されているが,量子暗号通信分野などで用いられる近赤外光子(周波数:数百THz)と比較して,エネルギースケールが4~5桁小さなマイクロ波光子の高効率検出は,これまで困難を極めてきた。
 今回,同グループは,超伝導量子ビットの1つである磁束型量子ビットとマイクロ波共振器がコンデンサを介して結合した実験系を作製し,量子ビットに適切な周波数・強度をもつ外部電磁波を照射して人工Λ型原子を実装した。そして,このΛ型原子に共鳴する信号マイクロ波光子を入射し,誘起されるΛ型原子の状態遷移を検出することにより,マイクロ波単一光子を高効率で検出することに成功した。マイクロ波単一光子の検出効率は66±6%に達した。
 今後,マイクロ波単一光子の高効率検出技術は,マイクロ波光子を用いた量子通信や量子情報処理,さらには量子コンピュータへの応用が期待されている。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

マシンビジョンライティング 実践編 第1刷

著者
増村 茂樹
価格
4,800円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る