【重要】O plus E 本誌価格改定のお知らせ

長距離光ファイバー共振器を用いて光による大規模人工スピンネットワークの生成に成功日本電信電話(株),大阪大学 研究グループ

 内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の研究開発プログラムの一環として,日本電信電話(株)と大阪大学の研究グループは,組合せ最適化問題の解を高速に探索する「コヒーレントイジングマシン」実現の基盤技術である,光による大規模な人工スピン群の生成に成功したと発表した。
 通信網,交通網,ソーシャルネットワークなど,社会を構成する様々なシステムが大規模化,複雑化するにつれ,システムの解析や最適化が重要な課題となり,従来のコンピューターが苦手とする数学的問題に帰着されることが知られている。
 同グループでは,光パラメトリック発振器と呼ばれる光の発振状態をスピンとして見立て,相互作用する多数のスピンが全体のエネルギーを最低とするようにその向きをとる現象を利用して組合せ最適化問題の解を探索する「コヒーレントイジングマシン」の研究を行い,この度,長さ1 kmの長距離ファイバー光共振器中に配置した高非線形光ファイバー中の四光波混合により,時間的に多重された10,000を超える光パラメトリック発振器を一括生成することに成功した。さらに,隣接する発振器を結合することにより,1次元のスピンネットワークを模擬し,光パラメトリック発振器群が低温下のスピンのように振る舞うことを確認した。
 長距離光ファイバー共振器を用いて時間多重された光パラメトリック発振器を生成する今回の手法が,数千を超えるスピン数を持つコヒーレントイジングマシンの構築のための基盤技術として有用であることを示すものであり,大規模な組合せ最適化問題を従来に比して飛躍的に高速に解くコンピューターの実現に寄与することが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

マシンビジョンライティング 実践編 第1刷

著者
増村 茂樹
価格
4,800円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る