【重要】O plus E 本誌価格改定のお知らせ

タンタル酸ニオブ酸カリウム結晶のナノサイズ極性領域検出に成功筑波大学,日本電信電話(株),島根大学 研究グループ

 筑波大学,日本電信電話(株),島根大学の研究グループは,タンタル酸ニオブ酸カリウム結晶(KTN)のナノサイズ極性領域を検出する手法の確立に成功したと発表 した。  同グループは,強誘電体結晶であるリチウムを添加したKTNについて,その巨大電気光学効果の発現メカニズムの解明に取り組んだ。ラマン分光スペクトルの温度依存性,偏光角度依存性,電場依存性を調べることにより,KTNの連続準位を持つナノサイズ極性領域と離散準位の光学振動モードとの相互作用によりファノ共鳴が起こっていることを解明したことにより,ファノ共鳴の観測からナノサイズ極性領域を検出した。  これまで,鉛系ペロフスカイト構造誘電体では,その優れた機能性の発現に必要なナノ極性領域は鉛イオンの変位量が大きいために観測しやすく,すでに多くの研究もあり,実用化されているが,環境に優しい無鉛系誘電体では,鉛のように大きく変位するイオンはなく,ナノ極性領域はよくわかっていなかった。  今後,この手法は結晶だけではなくセラミクス材料やナノ粒子にも適用でき,無鉛系誘電体材料における優れた機能性発現への指針となるナノサイズ局所構造の評価に役立つことが期待される。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

マシンビジョンライティング 実践編 第1刷

著者
増村 茂樹
価格
4,800円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

一枚の写真もっと見る

蜘蛛の糸

2016.11.25

蜘蛛の糸

東京工業大学 松谷 晃宏