【重要】O plus E 本誌価格改定のお知らせ

SACLA マルチビームライン運転に成功理化学研究所 研究グループ

 理化学研究所の研究グループは,X線自由電子レーザー(XFEL)施設SACLAにおいて,2本のビームラインで同時にX線レーザーを発振させることに成功したと発表した。これまで,線型加速器で電子ビームを加速するXFEL施設では,1本のビームラインで1つの利用実験しか行えず,急増する利用の要望に対して利用機会の拡大が大きな課題であった。そこで,SACLAでは,線型加速器終端で電子ビームをパルスごとに複数のビームラインへ振り分け,複数のビームラインで同時にレーザーを発振させるマルチビームライン運転に挑んだ。また,ビームライン間のレーザー波長を広い範囲で独立に調整するには,ビームラインごとに電子ビームエネルギーを変える必要があるため,SACLAでは,線型加速器で加速する電子ビームをパルスごとに制御し,各ビームラインで行う利用実験のレーザー波長に最適なエネルギーまで加速する手法を開発した。それにより,今回,30Hzの電子ビームパルスを2本のビームライン(BL2とBL3)に交互に送ることにより,同時に2本のビーム ラインで安定なレーザー発振を達成し,ビームライン間のレーザー波長も4?10keVの広い範囲で変えることが可能であることを実証した。ただし,現行のマルチビームライン運転では,BL2への電子ビーム輸送路におけるコヒーレント放射の影響を抑制するため,電子ビームパルスのピーク電流を低減する必要がある。そのため,レーザー出力が制限されている。今後,強いレーザー出力を要する実験がマルチビームライン運転下で実施できるよう,電子ビーム輸送路におけるビーム光学系の改善によって,レーザー出力の向上を図ることが期待されている。また,SACLAでは,2つの利用実験を並行して行うことができるようになり,利用機会の大幅な増加が期待できる。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

マシンビジョンライティング 実践編 第1刷

著者
増村 茂樹
価格
4,800円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る