【重要】O plus E 本誌価格改定のお知らせ

「れいめい」の観測とコンピュータシミュレーションにより,オーロラの仕組みを解明宇宙航空研究開発機構(JAXA),名古屋大学,国立極地研究所 研究グループ

 宇宙航空研究開発機構(JAXA),名古屋大学,国立極地研究所の研究グループは,JAXAの小型高機能科学衛星「れいめい」の観測データの分析と,名古屋大学などにおいて実施したコンピュータシミュレーションの結果,「コーラス」と呼ばれる宇宙の電磁波がオーロラを引き起こす電子を変調させることで,脈動オーロラの点 滅や瞬きを作りだしていることを解明したと発表した。

 オーロラは, 宇宙から降ってくる電子が, 高度100km付近の超高層大気と衝突することによって起こる現象である。オーロラには,様々な形態のものがあり,そのなかでも脈動オーロラと呼ばれるオーロラは,ぼんやりとした形状で,数秒間ごとに点滅するという不思議な性質(主脈動)があり,その主脈動が光っている間に は,1秒間に数回の速さで瞬く(明るさが変化する)ことも知られている(内部変調)。しかし,どのようなメカニズムで脈動オーロラの明滅や瞬きが起こるのかは解 明されていなかった。

 同グループは,小型高機能科学衛星「れいめい」によって取得されたデータを詳細に分析した。「れいめい」は世界で最も高い時間分解能でオーロラを光らせる電子を観測することができる。また,コーラスと電子の相互作用についてコンピュータシミュレーションを行い,脈動オーロラの観測結果を再現することに成功した。それにより,コーラスが電子を変調させることで,脈動オーロラの明滅や瞬きを作りだしている統一的な仕組みを明らかにした。

 コーラスは「宇宙のさえずり」とも呼ばれ,音声に変換すると小鳥のような音として聞こえる。コーラスの発生機構は,2016年度に打ち上げられるジオスペース探査 衛星(ERG)によって解明されることが期待されている。

ニュース 新着もっと見る

書籍案内購入はこちら

コンピュータビジョン 最先端ガイド6

著者
藤代一成,高橋成雄,竹島由里子,金谷健一,日野英逸,村田 昇,岡谷貴之,斎藤真樹
価格
1,905円(税抜)

Macleod:光学薄膜原論;第4版

著者
H. Angus Macleod(米アリゾナ大名誉教授・Thin Film Center Inc.代表)
監訳:小倉繁太郎(神戸芸術工科大教授)
価格
10,000円(税抜)

第10・光の鉛筆

著者
鶴田 匡夫(ニコン)
価格
5,500円(税抜)

マシンビジョンライティング 実践編 第1刷

著者
増村 茂樹
価格
4,800円(税抜)

シミュレーションで見る光学現象 第2版

著者
Masud Mansuripur
訳:辻内 順平
価格
6,000円(税抜)

レンズ光学入門

著者
渋谷 眞人
価格
4,000円(税抜)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る