【重要】O plus E 本誌価格改定のお知らせ

OplusE 2016年7月号(第440号)

OplusE 2016年7月号(第440号)

特 集
宇宙の始まりに迫る
販売価格
1,000円(税別)
定期購読
12,000円(1年間・税込)
いますぐ購入 定期購読する
  • 目次
  • 特集のポイント

特集

宇宙の始まりに迫る

■特集にあたって
O plus E 編集部
■宇宙の始まりと注目の観測方法
東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構 村山 斉
■すばる超広視野主焦点多天体分光器で宇宙空間を測る
東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構 田村 直之
■すばる超広視野主焦点カメラで調べるダークマターの分布
国立天文台 宮崎 聡
■TMTの光学技術と初期宇宙の解明
国立天文台 山下 卓也,柏川 伸成
■補償光学技術の展開
国立天文台 高見 英樹
■宇宙マイクロ波背景放射の精密観測と原始重力波
高エネルギー加速器研究機構 羽澄 昌史
■時空のゆがみを捉える:レーザー干渉計型重力波検出器を用いた超精密計測
国立天文台 麻生 洋一

連載

■【一枚の写真】夜の月と昼の月
東京工業大学 松谷 晃宏
■【私の発言】「もしかしたらできるんじゃないかな」と思ってやってみる(前編)
東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構 機構長 村山 斉
■【第11・光の鉛筆】8 Maxwellの色彩論1  色いろがみ紙と回転色円盤
鶴田 匡夫
■【干渉計を辿る】第2章 測長用干渉計 2.1 レーザーマイクロテスターの開発
市原 裕
■【光エレクトロニクスの玉手箱】第41章 エネルギーの宝庫:太陽電池(その1)
伊賀 健一,波多腰 玄一
■コンピュータイメージフロンティア
Dr.SPIDER
■【ホビーハウス】絵が変わるマグカップとグラス
鏡 惟史

コラム

■Event Calendar
■掲示板
■O plus E News/「光学」予定目次
■New Products
■オフサイド
■次号予告

表紙写真説明

補償光学(Adaptive Optics:AO)は大気の揺らぎによる光波面の乱れをリアルタイムで補正して光の理論限界(以降,回折限界)の解像度を得る技術であり,天文学においては大きな成果をあげつつあり大望遠鏡では必須の装置となっている。写真は,すばる望遠鏡によって発見された太陽系外惑星GJ504b(右上)。補償光学とコロナグラフの組み合わせにより,高いコントラストを実現した。
(関連記事「補償光学技術の展開」国立天文台 高見 英樹:詳細は637ページ)

本誌にて好評連載中

私の発言もっと見る

一枚の写真もっと見る